おやつを食べる|痩せやすい体質を作るには酵素の力【ダイエット成功の秘訣はサプリ】
ロゴ

無理なく減量に取り組むことが重要

おやつを食べる

グラノーラ

リバウンドのリスク

ダイエットを行なう人の中には、体に負担がかかる減量方法に取り組む人もいます。ですが、体を壊してしまう可能性が高くなり、逆に痩せにくい体質になることも。また、食べ物を我慢し過ぎることで暴飲暴食をしてしまい、すぐにリバウンドに繋がるケースもあります。そういったトラブルを避けるためにも、適度におやつを食べることはダイエットにも良いと言われているのです。

ドライフルーツ

ドライフルーツは生の果物を乾燥させた食べ物です。果物にはいろいろなビタミンが詰まっているため、ダイエットだけでなく美容効果にも期待ができます。ただし、果物は甘味があるため、糖質に気をつけて摂取するようにしましょう。

ゆで卵

ゆで卵はカロリーが高いイメージがありますが、実は1個あたりのカロリーは低い食べ物です。1個で十分にお腹を満たすことができるので、おやつに適している食べ物です。また、アミノ酸を摂取することができるため、脂肪燃焼の効果に期待ができます。

煮干し

煮干しといえばカルシウムですが、固いため良く噛んで食べるでしょう。そのため、満腹中枢が刺激されるためお腹を満たしやすい食べ物でもあります。カルシウムは骨を丈夫に保つために必要なものですし、太りにくい体を作る効果にも期待ができるのです。そういったことから、ダイエット期間中のおやつにも向いています。

おやつについてのいろいろ

おやつはいつ食べてもいいの?

おやつを食べる時間は決まっていないため、自由に時間を設定することができます。ですが、ダイエット期間中は食後2~3時間の間がベストタイミングだと言われています。食べ物が消化されるタイミングでおやつを食べることが重要です。ですが、寝る3時間前より後の時間におやつを食べるのは太りやすくなる原因になるためNGです。

おやつは何でもいいの?

ダイエット期間中に食べるおやつに関しても得に決まりはありませんが、なるべく体に良いものを食べることが大切です。例えば、菓子パンなどは糖質やカロリーが高いため、ダイエット期間中のおやつには向いていないと言えるでしょう。

1日に必要なカロリーは?

太ってしまう原因はいろいろありますが、その中の一つがカロリーオーバーです。おやつを食べる場合は、1日200kcal以内におさまるように食べましょう。それ以上食べてしまうとカロリーオーバーとなってしまうので注意が必要です。

GI値って何?

血糖値が上昇しやすいことを数値にしたものがGI値です。GI値が高いものは血糖値が上昇しやすい意味となります。逆に、GI値が低いものほど血糖値が上昇しにくいのです。ダイエット期間中は、GI値が低いおやつを食べるようにしましょう。